コニー・蛮倉庫 日記

ただの日記。生きた証。

健康診断で要医療 肝臓編6

約三ヶ月ぶりに医大へ。
とりあえず、手始めに血液検査から。
月初めなのか、物凄く混んでいて30分くらい待ったかな。
朝の9:30くらいで、受付番号が1000番台だったので驚き。
今回は、2本だけ採血されて、その後は栄養指導へ。

栄養指導では、まず体成分測定をすることになった。
体重計みたいなのに乗って、腕にWiiのコントローラーみたいなのを持つ。
あとはじっとしているだけで、なんか自動で測定されていった。
結果は、やはり痩せたおかげなのか、肥満がほぼ解消されていた。
BMI値「25.6」で、基準値が「25.0」なのであと少しといったところ。
内臓脂肪断面積も「100」を超えるとヤバいところが「89.9」だった。

身体バランスは、上半身・下半身・上下バランス全て「均衡」で、
身体強度も上半身・下半身・筋肉が全て「標準」というバランス型に。
筋肉バランスも、全て「標準」だったがもう少し筋肉付けた方が良いと。
やっぱり、リングフィットをまた始めるしかないかな。
とりあえず、食生活も問題ないのでそのまま続けてとのことで終わり。

そして、問診で血液検査の結果が言い渡される。
なんと、AST「46」ALT「51」と、ほぼ基準値にまで戻る快挙。
先生も驚いていたが、何より自分が一番驚いていた。
あれから、3キロくらいしか痩せていないのにこの結果。
食生活を栄養指導通りにするだけで、ここまで改善するんだな。
肝生検の話題も出ることなく、このまま維持してくれとのこと。
次は、8月にもう一度エコー検査をすることになった。
今の状態で、肝臓の数値が戻っていれば晴れて完治となる。

完治で終われば、食生活はある程度戻していってもいいのかな。
でも、また肝機能がおかしくなって胃カメラ飲む事態になるのが怖いな。
てか、もう油ものやジュースとかなくても平気な体になった。
以前は、毎日コーヒーは欠かせなかったのに、今では必要すら感じない。
皮肉だが、健康は不健康になってから大切がわかるってことだね。

健康診断で要医療 肝臓編7 に続く。