コニー・蛮倉庫 日記

ただの日記。生きた証。

胆嚢摘出手術 入院編1

深夜にお腹と背中に激痛が走り悶絶する。
実は、これが2度目で水曜日も同じ痛みがあった。
この時はすぐに痛みは引いたので、特に問題視はしなかった。
今回のは、あまりに痛かったので、朝イチで病院へ。
今日に限って実家に帰っておいてよかったと安堵する。


病院で、内科を受診して採血とCT検査をする。
その結果、胆のうに胆石が詰まっていたという事態に。
幸い、胆のうはまだ炎症していないみたいなので軽症らしい。
しかし、このまま放っておくといずれ炎症はしてしまうとのこと。
早いうちに胆のう摘出して方がいいため、緊急手術することになった。
まさかここに来て、初めての手術を体感することになる。
いやね、もう手術という単語を聞いただけでもうビビりまくりよ!
でも、この激痛とオサラバできるなら覚悟を決めるしかない。
胆のう摘出は、昔は開腹手術だったが今は腹腔鏡手術というのが主流らしい。
ヘソにカメラ通して、あと数箇所穴開けてカメラを見ながら摘出するみたい。
まぁ、それはそれで文字にすると凄く痛々しいんだが…。


月曜日に決行ということなので、無事に終えることを祈る。
その後は、点滴を付けてMRI検査とかいろいろ手術に必要な検査をしていた。
そして、月曜日の手術までは絶食という過酷な宣言をされた。
もう、土曜日の昼過ぎの段階でお腹が空いていたので辛い。
病院でいろいろ検査していた頃には、お腹の痛みもなくなっていた。
何か脂っこい食べ物を食べたりして、胆のうを動かさなければ大丈夫っぽい。
入院も個室が空いていたので、使わせてもらうことにした。
点滴がけっこう邪魔なので、早く取りたいが絶食中の命綱なので仕方がない。
この点滴も手術で使う管が使用されているため、本当に手術するまで外れない模様。
さすがに、風呂の時は刺さったままで点滴の方を止めるんだとは思うけど。
wifiないか聞いたら、ないという回答がきて絶望する。
せっかく、iPad持ってきて溜まったアニメも見ようと思ったのに…。
とりあえず、あとは手術日の月曜日をガクブルしながら待つのみ。
胆嚢摘出手術 入院編2 に続く。